3分で分かる『まいまいつぶろ』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第170回直木賞候補作】

第170回直木賞候補作となった『まいまいつぶろ』(著:村木嵐)。今回はこの小説のあらすじを簡単に紹介した後、タイトルの意味やネタバレ考察などを行います。数々の時代小説の賞を受賞している本作の感想や評価も合わせてまとめたので、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

【第170回直木賞候補作】村木嵐の小説『まいまいつぶろ』とは

書名 まいまいつぶろ
作者 村木嵐
出版社 幻冬舎
発売日 2023年5月24日
ページ数 336ページ

作者は司馬遼太郎家の家事手伝いをしていたことでも知られる村木嵐さん。著書『マルガリータ』で第17回松本清張賞を受賞しており、今作『まいまいつぶろ』では、第13回「本屋が選ぶ時代小説大賞」及び第12回「日本歴史時代作家協会賞作品賞」を受賞しています。

『まいまいつぶろ』は、徳川吉宗の嫡子・長福丸(後の徳川家重)の生涯にスポットをあてた時代小説。生まれながらに障害を持ちうまく話せない家重の言葉を唯一聞き取れた小姓・兵庫(後の大岡忠光)と力を合わせて、次期将軍への道を歩んでいきます。

※『まいまいつぶろ』は以下に当てはまる人におすすめ!
・徳川家であまり語られてこなかった家重の話を読みたい人
・泣ける時代小説を読みたい人
・第170回直木賞の候補となった話題作をチェックしたい人

↓↓『まいまいつぶろ』を購入したい人は以下から↓↓

3分で分かる『まいまいつぶろ』のあらすじ【※ネタバレなし※】

第八代将軍・徳川吉宗の嫡子である長福丸は、次の将軍に相応しい扱いを受けていなかった。というのも、長福丸は重い病を患っており、片手片足はほとんど動かず、口もきけなかったからだ。何を言っているのか、聞き取れる者はいなかった。長福丸は廃嫡を噂されており、跡継ぎとして期待されていたのは弟の小次郎丸だった。

そんな中、長福丸の言葉を聞き取れた少年が現れた。少年の名は大岡兵庫。たしかに兵庫は長福丸の言葉を訳しているようだが、周囲からは適当に話しているだけではないかと疑われる。さらに、長福丸が将軍になった際に、兵庫がそれを悪用して意のままに政治を操るのではないかと怪しまれてもいた。

実はこの長福丸こそが、第十代将軍となる徳川家重である。彼はどのようにして将軍となったのか。後ろ盾を持たない兵庫(後の大岡忠光)と、家重の二人の絆が試される……。

過去の直木賞受賞作を無料で読む紹介を公開!

毎回受賞作が話題になる直木賞。前回は『木挽町のあだ討ち』と『極楽征夷大将軍』の2作の歴史小説がW受賞という結果になりました。

この2作品をはじめ、ドラマ化もされた池井戸潤さんによる『下町ロケット』や人気ミステリー作家・米澤穂信さんによる『黒牢城』、読み応えが迫力ある『テスカトリポカ』などは、Amazonが展開するサービス・Audibleにて配信されています。

Audible(オーディブル)は、プロのナレーターが本を朗読したものをいつでも聴けるサービス。月額1500円のサービスですが、現在、30日間無料で体験できるキャンペーンを実施中です。ぜひ無料期間のうちにチェックしておきましょう!

【Audibleにて無料配信中の主な直木賞受賞作品】
・『下町ロケット』(著:池井戸潤)
・『黒牢城』(著:米澤穂信)
・『テスカトリポカ』(著:佐藤究)
・『ファーストラヴ』(著:島本理生)

↓↓オーディブル30日間無料登録は以下をクリック!!↓↓
今すぐオーディブルを30日間無料体験してみる!

『まいまいつぶろ』のネタバレ解説&考察まとめ

ここからは『まいまいつぶろ』の魅力を深掘りするために、タイトルの意味、作品の魅力、ラストシーンのネタバレ考察などを行います。

タイトル「まいまいつぶろ」の意味とは?

タイトルの「まいまいつぶろ」とは、カタツムリの意味があります。生まれながらに障害がある家重は、尿を漏らしがちで、歩くとその尿を引きずった跡ができるため、そこからカタツムリと揶揄されていたのです。

史実と照らし合わせても、徳川家重は陰で「小便公方」と言われることがあったそうです。それほど、蔑まれながらも、その後ひとりの将軍として成長していく過程がどのようなものであったのか、注目してみましょう。

比宮や幸とのエピソードも感動的!

『まいまいつぶろ』では、家重と忠光の話が中心に描かれますが、家重のもとへ嫁ぐ比宮とのエピソードも魅力的です。家重と比宮がどのようにして近づいていくかといったところや、薔薇のエピソードなども心に残るでしょう。

比宮も家重の良き理解者となって支え、家重を次期将軍にするためには、元気な男の子を産む必要があると感じます。また幸はそんな比宮の想いを間近で知る人物。そんな女性二人の絆も読者の心を捉えるでしょう。

老中も個性的でおもしろい

家重の周りにいる老中は、個性的な人物ばかり。徳川吉宗のもと仕える酒井忠音や松平乗邑、徳川家重のもと仕える松平武元や酒井忠寄や田沼意次などが登場します。

いわば悪役のような役どころの人物が多く、家重ではなく宗武を次期将軍にとアシストしてくる者もいます。一癖も二癖もあるので、それぞれの老中の思惑や行動にも注目して読んでみてください。

『まいまいつぶろ』を読んでみた感想

ここからは『まいまいつぶろ』を読んでみた感想を書いていきます。また読者のレビューも合わせてまとめました。

【筆者の感想】大岡忠光の忠義に感心した

大岡忠光は、大岡忠相から「長福丸様の御口代わりだけを務めねばならぬ」といわれ、その教えを律儀に守ります。長福丸には目も耳もあるのだから、そこの邪魔はしてならないということです。

決して自我を出さずに、あくまで家重の口をサポートするのに徹した忠光の姿が印象的でした。名脇役ここにありということで、そんな彼だからこそ家重と長く続く絆を得られたのでしょう。

また、作者の村木嵐さんは、徳重の悩みを特権階級の人が持つ悩みにしたくないとインタビューで語っていました。現代でも家業を継ぐ際に足枷を持っている人や、重い病気や障がいに悩んでいる人もいると思うので、そういった人たちの勇気や何かしら生きるヒントにつながるといいなと思います。

【みんなの感想や評価】熱い想いに感動した・涙した

続いて読者がSNSに投稿した感想をいくつかまとめました。

彼を取り巻く人々が最初は他人事のように思っていたのに、彼と接することでじわじわと彼の苦悩に思いを馳せ、共感して「家重の苦悩を少しでも取り除く助けになりたい」と思うにいたる心の変化が丁寧に描かれる。
そのプロセスを読者は追体験し、誰かの気持ちを本当に思いやることの尊さを知る。
引用:Amazon

まとめ:『まいまいつぶろ』は徳川家重にスポットをあてた泣ける時代小説だった

いかがでしたか?『まいまいつぶろ』の特徴を以下にまとめました。

・第170回直木賞候補作
・徳川家重と大岡忠光の強い絆が描かれる
・比宮や幸とのエピソードや、曲者ぞろいの老中たちにも注目

以上です。まだチェックしていない方は、ぜひ読んでみてください!

↓↓『まいまいつぶろ』を購入したい人は以下から↓↓

読書が苦手な人でも本好きになれるサービスが大人気!30日間無料で試せる

のぶ
のぶ
気になる本がたくさんあるけど、何冊も買ってたらお金が足りない…
よしみ
よしみ
いつも本を持ち運ぶのが手間…
なお
なお
時間が空いたときに気軽に読書したい…

そんな方は、読書のサブスク「Kindle Unlimited」を活用しましょう!
Amazonが提供するサービス「Kindle Unlimited」ならいつでも気軽に読書できます。200万冊以上の小説、漫画、雑誌などを読み放題!
Kindleの無料アプリからお好きな本をダウンロードして、スマホ・タブレット・PCなど好きな端末でお楽しみいただけます。

のぶ
のぶ
毎月の本にかける出費が、1万円以上節約できました!
よしみ
よしみ
書籍を持ち歩かなくてよくなったので、荷物が軽くなりました。
なお
なお
バス待ちのスキマ時間で、気軽に読書できて嬉しいです。

魅力をまとめると…

・持ち運び不要で簡単!
・空き時間にさくっと読める!
・月額制だからお金がかからない!

月額980円のサービスでかなりお得なんですが、なんと今なら30日間無料で体験可能!無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません。これから読書を楽しもうという方はぜひお試ししてみてください。

↓↓Kindle Unlimitedの30日間無料登録は以下のバナーをクリック!!↓↓

今すぐKindle Unlimitedを30日間無料体験してみる!

さらに読書が苦手な方におすすめしたいのは、もっと手軽に楽しめる聴く読書「Audible」

・活字が苦手な人でも聴く読書なら気軽に本を楽しめる
・移動中や作業中の「ながら読書」ができる
・プロのナレーターや声優が朗読しているから、聴きやすい
・オフラインで再生可能だから通信速度や接続状況が気にならない

のぶ
のぶ
文字を読むとすぐに眠くなるくらい読書が苦手だったんですが、Audibleをきっかけに本を楽しめるようになりました。
よしみ
よしみ
育児や家事をしながら読書でき、気分転換になります。効率的に読書できるので、得した気分です。
なお
なお
通勤の移動中に聞いてます。毎日往復1時間以上かけているので、その間に気軽に読書体験できるのは嬉しいです。

Audibleは月額1500円のサービスですが、こちらも30日間のお試し期間が用意されています。さらに2月29日までの登録なら2ヶ月間無料の期間限定キャンペーンを実施中です! 現在、以下の人気作品などがラインアップされていますよ。

・『変な家』(著:雨穴)
・『変な絵』(著:雨穴)
・『汝、星のごとく』(著:凪良ユウ)【最新の本屋大賞受賞作】
・『#真相をお話しします』(著:結城真一郎)

ぜひ、この機会に早速お試ししてみましょう!

↓↓オーディブルの2ヶ月間無料登録は以下をクリック!!↓↓

今すぐオーディブルを2ヶ月間無料体験してみる!

スポンサーリンク
さとなりをフォローする
さとなり

コメント

タイトルとURLをコピーしました