芥川賞

スポンサーリンク

3分で分かる「くるまの娘」のあらすじ&ネタバレ考察・感想まとめ

芥川賞受賞作「推し、燃ゆ」が大ベストセラーとなった、宇佐見りんさんの最新作が「くるまの娘」。今回はこの小説のあらすじを紹介する他、筆者の感想や作品の魅力の考察などをまとめました。日本文学における傑作とも呼べる今作をぜひチェックしてみてください。

3分で分かる「オン・ザ・プラネット」(島口大樹)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第166回芥川賞候補作】

「オン・ザ・プラネット」(著:島口大樹)は映画好きにはぜひ読んで欲しいロードノベル。今回はこの作品のあらすじやネタバレ解説をまとめました。個人的な感想や芥川賞の受賞予想もしています。最後までぜひ読んでみてください。

3分で分かる「我が友、スミス」(石田夏穂)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第166回芥川賞候補作】

筋トレ好きじゃなくてもハマる小説「我が友、スミス」(著:石田夏穂)。今回はこの小説のあらすじ紹介や魅力をネタバレ解説いたします。筆者の感想や読者のレビューをまとめるとともに、芥川賞の受賞予想も併せて行います。最後まで読んでみてください。

3分で分かる「Schoolgirl」(九段理江)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第166回芥川賞候補作】

「Schoolgirl」(著:九段理江)は、太宰治「女生徒」の現代版アップデート!今回はこの小説のあらすじを紹介した後に、作品の魅力を一部ネタバレありで解説します。さらに小説を読んだ感想や、芥川賞の受賞予想も併せて行います。

3分で分かる「皆のあらばしり」(乗代雄介)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第166回芥川賞候補作】

新感覚の歴史ミステリーとして楽しめる小説「皆のあらばしり」(著:乗代雄介)は既にチェックされましたか?今回は本作のあらすじ紹介及び、ラストに仕掛けられた謎についての解説をいたします(ネタバレ部分は隠しています)。また筆者や読者の感想を述べる他、芥川賞の受賞予想も合わせて行っていますので、最後まで読んでみてください。

3分で分かる「ブラックボックス」(砂川文次)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第166回芥川賞候補作】

コロナ禍における非正規労働者のリアルな姿を描いた小説「ブラックボックス」(著:砂川文次)。今回は本作のあらすじをまとめ、魅力を解説します(ネタバレ部分は隠しています)。その上で筆者の感想や、皆さんの評価、及び第166回芥川賞を受賞できるかの予想も行っています。

第166回芥川賞を予想!大本命は九段理江「Schoolgirl」か?

第166回芥川賞の選考会が2022年1月19日に行われ、同日受賞作が発表されます。今回は全候補作品を読んだ上で、受賞予想を行います。各候補作のあらすじや講評を踏まえた上で解説します。果たしてどの作品が受賞するのでしょうか?皆さんもぜひ予想してみてください。

3分で分かる「氷柱の声」(くどうれいん)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第165回芥川賞候補作】

歌人として活躍するくどうれいんさんの初小説「氷柱の声」。盛岡在住の作家が東北大震災からの十年間について書いています。震災にあったさまざまな人の声に耳を傾けるのが一つのテーマであるこの作品。あらすじについてネタバレにならない範囲までと、ラストまでの詳しい部分とに分けてまとめました。まだ読んでない方はネタバレなしの部分だけ見て、残りは一度読んだ方の復習という意味で書いています。また作品の魅力解説や、感想もまとめていますので、最後までぜひ読んでみてください。

3分で分かる「オーバーヒート」(千葉雅也)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第165回芥川賞候補作】

哲学者が書いた本格的な純文学作品「オーバーヒート」(著:千葉雅也)。第165回芥川賞候補作に選ばれ、世間の評価ではこの作品を受賞予想としている声が多くあります。そんな「オーバーヒート」ですが、あらすじが分かりづらいという方のために、物語の本筋をまとめました。ネタバレにならない部分と、ラストにかけての詳しいあらすじとで分けて書いてますので、まだ読んでない方も既に読んで物語を整理したい方にも読みやすい構成にしています。作品自体の分かりやすい解説や、読者の感想も併せてまとめています。

3分で分かる「彼岸花が咲く島」(李琴峰)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第165回芥川賞受賞作】

架空の島に流れ着いた少女が、島の歴史や掟に翻弄されつつも、強く生きようとする小説「彼岸花が咲く島」。台湾生まれで現在は日本で活躍する小説家・李琴峰さんによる著作で、第165回芥川賞の候補作にも選ばれています。今回はこの小説のあらすじを紹介。ネタバレ部分は隠しコマンドで書いているので、知りたい方だけ知れるような構成にしています。また作品の内容解説や感想もまとめていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました