スポンサーリンク

「護られなかった者たちへ」(原作)のあらすじ|映画と犯人が違う!結末ネタバレあり

2021年10月1日に劇場公開される映画「護られなかった者たちへ」。今回はその原作(著:中山七里)に注目します。原作のあらすじを紹介した後に、ネタバレとなる衝撃の結末へと至る伏線について解説。また映画との違い(原作とは犯人が違う?)についてもまとめました。原作の読者の感想も終わりの方に紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

3分で分かる「ひらいて」(原作)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ

2021年秋に公開が予定されている映画「ひらいて」。山田杏奈主演で高校生の甘酸っぱくも狂気が感じられる問題作として、公開前にして早くも話題になっています。そこで今回はこの作品の原作に注目。「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した綿矢りさ著作の原作「ひらいて」について、あらすじをまとめました。いろんな読み方がされやすい本小説の魅力についてネタバレ解説付きでお送りします。また読者の感想も紹介しますので、映画を見る前にまずチェックしてみては?

3分で分かる「虎狼の血」(原作)のあらすじ&ネタバレ解説まとめ

2021年8月に「虎狼の血 LEVEL2」が映画化され、松坂桃李や鈴木亮平の熱演が話題になっています。今回は再評価されている原作「虎狼の血」(著:柚月裕子)をピックアップ。あらすじやラストの場面などを詳しく解説します。映画化されたけど原作はチェックしていない方はぜひ読んでみてください。ネタバレ部分は隠しているので、既に作品を読んで復習したいという方だけクリックして中身を読むようにしましょう。

3分で分かる「キネマの神様」(原作)のあらすじ|映画との違いは愛好家から見た物語が中心であること

2021年に映画公開されて話題の​​「キネマの神様」。今回は原田マハさんによる原作のあらすじを紹介します。映画と違うストーリーなので、映画だけを見た方や映画を見る前に気になっている方はぜひチェックしてみてください。詳しいあらすじや結末については隠しコマンド(クリックしないと見えない)にしています。

5分で分かる「雷神」のあらすじ・感想まとめ【結末ネタバレあり】

道尾秀介さんが「以前の自分なら書けなかった」と語るほどの自信作「雷神」。幾つにも絡んだ謎が伏線回収される傑作ミステリー小説です。まだ読んでない方に向けて、簡単なあらすじや感想をご紹介。さらに一度読んだ方に向けて、詳しいあらすじやラスト(結末)について解説します。ネタバレ部分はクリックしないと見られない仕様にしているので、最後まで安心して読んでみてください。

5分で分かる「マスカレード・ナイト」(原作)のあらすじ&ネタバレ解説

2021年秋に公開される映画「マスカレード・ナイト」。今回は東野圭吾による原作を読んだ上で、あらすじやネタバレ解説をしていきます。一度本を読んだけど、あらすじを復習しておきたい方向けの内容です。ただし未読の方にとってもネタバレしないように、犯人や密告者の情報、伏線考察やラスト(結末)部分は隠しコマンドで書いているので、原作の魅力を知りたい方でも安心して読めるようにしています。

3分で分かる「おれたちの歌をうたえ」のあらすじ&犯人・結末のネタバレまとめ【第165回直木賞候補作】

昭和、平成、令和と3つの時代を結ぶ圧巻の大河ミステリー「おれたちの歌をうたえ」。呉勝浩さんによる長編で、第165回直木賞の候補作にも選出されました。ここでは物語の簡単なあらすじを紹介。さらに一度読んだ方に向けておさらいという意味で、犯人や結末がどうだったのかを振り返ります。

3分で分かる「氷柱の声」(くどうれいん)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第165回芥川賞候補作】

歌人として活躍するくどうれいんさんの初小説「氷柱の声」。盛岡在住の作家が東北大震災からの十年間について書いています。震災にあったさまざまな人の声に耳を傾けるのが一つのテーマであるこの作品。あらすじについてネタバレにならない範囲までと、ラストまでの詳しい部分とに分けてまとめました。まだ読んでない方はネタバレなしの部分だけ見て、残りは一度読んだ方の復習という意味で書いています。また作品の魅力解説や、感想もまとめていますので、最後までぜひ読んでみてください。

3分で分かる「オーバーヒート」(千葉雅也)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第165回芥川賞候補作】

哲学者が書いた本格的な純文学作品「オーバーヒート」(著:千葉雅也)。第165回芥川賞候補作に選ばれ、世間の評価ではこの作品を受賞予想としている声が多くあります。そんな「オーバーヒート」ですが、あらすじが分かりづらいという方のために、物語の本筋をまとめました。ネタバレにならない部分と、ラストにかけての詳しいあらすじとで分けて書いてますので、まだ読んでない方も既に読んで物語を整理したい方にも読みやすい構成にしています。作品自体の分かりやすい解説や、読者の感想も併せてまとめています。

3分で分かる「彼岸花が咲く島」(李琴峰)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第165回芥川賞受賞作】

架空の島に流れ着いた少女が、島の歴史や掟に翻弄されつつも、強く生きようとする小説「彼岸花が咲く島」。台湾生まれで現在は日本で活躍する小説家・李琴峰さんによる著作で、第165回芥川賞の候補作にも選ばれています。今回はこの小説のあらすじを紹介。ネタバレ部分は隠しコマンドで書いているので、知りたい方だけ知れるような構成にしています。また作品の内容解説や感想もまとめていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました