スポンサーリンク

3分で分かる『#真相をお話しします』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【2023年本屋大賞候補作】

普段本を読まない人にもおすすめしやすい『#真相をお話しします』(著:結城真一郎)。今回はこの小説のあらすじと感想を紹介し、各ミステリー短編の解説も行います(ネタバレ部分か隠しています)。2023年の本屋大賞にも選ばれた本作。ぜひチェックしてみてください。

3分で分かる『栞と嘘の季節』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ

米澤穂信の小説『栞と嘘の季節』はもう読みましたか?今回は、『本と鍵の季節』の続編である本作のあらすじと感想を紹介。ラストシーンのネタバレ考察、伏線回収部分の解説、前作と登場人物の繋がり、ドラマ化や映画化の可能性などもまとめました。まだ読んでない方はぜひチェックしてみてください。

3分で分かる『開墾地』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回芥川賞候補作】

第168回芥川賞の候補作「開墾地」(著:グレゴリー・ケズナジャット)。今回はこの小説のあらすじと感想をまとめました。また作品を深掘りするために、タイトルの意味、本作が実話なのか?ラストシーンのネタバレ考察などを、解説します。

3分で分かる『グレイスレス』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回芥川賞候補作】

第168回芥川賞の候補作となった「グレイスレス」(著:鈴木涼美)。今回はこの小説のあらすじと感想をまとめました。また作品の魅力を深掘りするために、本作は実話なのか、タイトルの意味は何なのか?ラストのネタバレ考察などを解説した内容も記します。ぜひ最後まで読んでみてください。

3分で分かる『この世の喜びよ』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回芥川賞受賞作】

第168回芥川賞の受賞作に選ばれた「この世の喜びよ」(著:井戸川射子)。今回はこの小説のあらすじと感想をまとめました。二人称で書かれ、語り手の存在や私的な表現が難しいと思われがちな作品なので、筆者なりに考察した内容も記します。少しでも読み解きやすくなると幸いです。

3分で分かる『ジャクソンひとり』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回芥川賞候補作】

第168回芥川賞の候補作に選ばれた「ジャクソンひとり」(著:安堂ホセ)。今回はこの小説のあらすじと感想をまとめた上で、作品の魅力を深掘りするためにタイトルの意味やラストの場面などのネタバレ考察も行います。圧巻のデビュー作!未読の方はチェックしてみましょう。

3分で分かる『クロコダイル・ティアーズ』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回直木賞候補作】

第168回直木賞の候補作となった『クロコダイル・ティアーズ』(著:雫井脩介)。今回はこの小説のあらすじや感想を紹介。さらに作品の魅力をより深掘りするためにタイトルの意味やラストのネタバレ考察なども行います。最後まで緊張感が続くサスペンス!未読の方はぜひチェックしてみてください。

3分で分かる『荒地の家族』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回芥川賞受賞作】

第168回芥川賞の受賞作に選ばれた佐藤厚志さんの「荒地の家族」。今回はこの小説のあらすじを紹介した上で、作品の魅力をネタバレありで考察・解説いたします。筆者の感想や読者の口コミ評価も紹介し、芥川賞受賞予想についても述べるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

3分で分かる『しろがねの葉』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回直木賞受賞作】

第168回直木賞の受賞作となった『しろがねの葉』。今回はこの小説のあらすじを紹介した後に、タイトルの意味やラストの展開などを考察します。さらに筆者や読者の感想もまとめました。ネタバレ部分は読んだ人だけが読めるようにしています。

3分で分かる『光のとこにいてね』のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第168回直木賞候補作】

第168回直木賞の候補作に選ばれた一穂ミチさんの小説『光のとこにいてね』。今回はこの小説のあらすじをまとめ、作品の内容やタイトルの意味、ラストの展開などを考察します。感想も記しますが、ネタバレ部分は読んだ人にしか分からないようにしているので、安心してご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました