「俺の家の話」がおもしろい!ドラマ通がハマってしまう理由9つ

テレビ

周囲で話題になっているけど、まだ見てなかった「俺の家の話」。能やプロレスって馴染みが薄いし、本当におもしろいの?そう思っている方向けに、今回は「俺の家の話」がおもしろいと思える理由を9つ紹介。視聴者の感想やドラマ通の意見を交えてお送りします。

スポンサーリンク

能やプロレスをテーマにしたホームドラマ「俺の家の話」とは

「俺の家の話」は2021年1月〜3月に放送されたTBSドラマ。以下の特徴があります。

・主演を務める長瀬智也の引退作品
・「能」や「プロレス」がテーマのホームドラマ
・クドカンワールド炸裂の感動×爆笑の世界観

主演を務める長瀬智也の引退作品

長瀬智也さんはこれまで「池袋ウエストゲートパーク」、「タイガー&ドラゴン」、「うぬぼれ刑事」など、宮藤官九郎脚本のドラマに数多く登場してきました。どれも長瀬さんのワイルドな魅力が活かされ、名作だと話題に。そんな長瀬さんはもともと2021年3月末でジャニーズ事務所退所を発表しており、今作が事実上の引退作となりました。

「能」や「プロレス」がテーマのホームドラマ

「俺の家の話」でクドカンがテーマとして選んだのは、「能」と「プロレス」。長瀬さんが演じる主人公の観山寿一は、能で人間国宝となった観山寿三郎の長男。「一度も褒めてくれなかった」と厳しい指導を嫌がり、一度プロレスの道へと進んだ寿一。親の介護のために実家へと帰り、能楽師として人生を歩み直す物語になっています。

クドカンワールド炸裂の感動×爆笑の世界観

親の介護という現代らしい難しいテーマに挑みながら、クドカンらしい新しい家族の形がドラマで表現されています。また随所に小ネタを挟んだ構成で、1分に一度は笑わされます。感動と爆笑が両方押し寄せるクドカンワールドが、今作でも見事に炸裂しています。

「俺の家の話」がおもしろい!ドラマ通がハマる理由9つ

「俺の家の話」がなぜおもしろいのか、ドラマ通の筆者がハマった理由を9つ紹介します。ドラマファンの感想ツイートを交えながら解説していきますね。

世間に馴染みが薄い能文化の魅力を面白く伝えてくれるから

能文化に興味がある方は正直少ないでしょう。しかし今作では演目の意味を解説したり、能のおもしろさを語りながら進みます。特に工夫されているのは、ドラマ内の物語と、能の演目を掛け合わせながら話が進んでいく点です。

例えば第四話で放送された「小袖曽我」。兄弟が舞う話ですが、寿一はかつて子どもの時に寿限無と一緒に舞っていたことを思い出します。この回で実は寿限無と寿一が血の繋がった兄弟だと明かされるのですが、その内容と見事にリンクしています。

メインテーマとなる題材と、物語をリンクさせてドラマを作るのはクドカンの十八番。落語をテーマにしたドラマ「タイガー&ドラゴン」でも、噺とストーリーをリンクさせていました。まさかこんなところで繋がってくるとは!と、常に感心させられます。

介護という重いテーマをPOPに昇華させ、新たな家族像を呈示しているから

寿一は寿三郎の介護を引き受けますが、なかなか一筋縄にはいきません。高齢化社会の現在、介護は避けては通れない社会的なテーマ。クドカンはこの命題に真っ向から対峙しています。

第一話の、親子だからこそ妙なプライドが働いて、介護に真正面から取り組めないこと。第三話の、「介護にはまさかが無い」という発言。など介護する上で出てくる問題や、乗り越えるための格言が多く出てきます。

普通は暗そうになるところを観山家では、明るく乗り越えようとします。たまに弱音を吐き出してみたり、「介護はイベント」だと楽しもうとしてみたり。寿三郎は認知症でもだんだんと苦しむことになりますが、周囲の家族がどうケアしていくかも、ドラマの見所です。

長瀬智也の引退作品として素晴らしい出来栄えだから

もともと長瀬智也さんは2021年3月末をもってジャニーズ事務所を退所すると発表していました。「俺の家の話」はちょうど2021年1〜3月での放送だったため、結果的に今作が俳優・長瀬智也としての引退作品となりました。

長瀬智也さんの魅力はやはり男らしさ!今回の主人公・寿一も、親父の介護を引き受けるところに男らしさを感じます。第五話で家族旅行が厳しくなってきた時に、寿一はなんとしてでも行こうと家族に問いかけます。感動のシーンです。

またさらに、寿一はただ強いだけでなく何でも受け入れる優しさも感じられます。自身のプロレス引退試合で後輩が出しゃばった時には、全く否定しません。家族が間違った方向に行きそうな時も、いったん理解しようと努めるのです。

また最終回を見終えると、クドカンが長瀬智也さんのためにはなむけのようなメッセージを用意してくれているかのように感じます。ラストの場面では引退してもいつでも戻っておいでという、温かな意味合いが込められているようです。

西田敏行など、各出演者の迫真の演技に引き込まれるから

各出演者の演技が素晴らしいのですが、特に秀逸なのが西田敏行さん。風呂場のシーンでは裸の姿を披露するなど、全てを出し切った演技を見せます。人間国宝としての気品がありながら、一人の老いた男としての人間像をよく表現しています。

だんだんと認知症を患っていく様がとてもリアルです。特に認知症チェックのために野菜の名前を言うテストの場面は、だんだんとうろたえた表情になる西田敏行さんの演技に目が離せません!

本当の家族ではないのに能の修行を寡黙に続けていたが、出自を知り自我を初めて出す寿限無役の桐谷健太さんも、心情の切り替わりが見事。寿一ときょうだい役の江口のりこさん、永山絢斗さんも個性的な役柄で、いい味出しています。

クドカン×長瀬の過去作品のネタが随所に散りばめられているから

今回を機に長瀬智也さんが芸能界から離れるため、過去のクドカン脚本×長瀬智也出演作品の内容が小ネタとして散りばめらています。

・池袋西口公園でダンスする大州の元へ向かうシーン
→「池袋ウエストゲートパーク」でキングが現れるシーン
・親に反抗的になった寿限無がデスメタルにハマるシーン
→「TOO YOUNG TO DIE」で扱うテーマ「デスメタル」
など、他にも重なる場面がいくつか出てきます。

また出演者も過去の作品に登場した人が多く登場します。阿部サダヲ、佐藤隆太、矢沢心、塚本高史、ムロツヨシなど豪華キャストが続々とゲスト出演するのです。どんな役どころで出てくるかは、ドラマを見る上での楽しみにしておきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢沢 心(@yazawashin.official)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました