3分で分かる「オン・ザ・プラネット」(島口大樹)のあらすじ&ネタバレ解説・感想まとめ【第166回芥川賞候補作】

「オン・ザ・プラネット」(著:島口大樹)は映画好きにはぜひ読んで欲しいロードノベル。今回はこの作品のあらすじやネタバレ解説をまとめました。個人的な感想や芥川賞の受賞予想もしています。最後までぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

島口大樹の小説「オン・ザ・プラネット」とは

書名 オン・ザ・プラネット
作者 島口大樹
出版社 講談社
発売日 2022年1月14日 (Kindle版)
ページ数 158ページ (Kindle版)

「群像2021年12月号」に掲載され、第166回芥川賞の候補作に選出された小説「オン・ザ・プラネット」。デビュー作「鳥がぼくらは祈り、」が話題になり、野間文芸新人賞にもノミネートされるなど、注目されている若手作家の二作目です。

「オン・ザ・プラネット」は映画撮影をするために鳥取砂丘へ訪れる四人の若者のロードノベル。記憶や世界にまつわる会話をしながら向かう若者の姿に引き込まれます。

※「オン・ザ・プラネット」は以下に当てはまる人におすすめ!
・期待の若手作家の作品を読みたい人
・話題の芥川賞候補作品を読みたい人
・映画や哲学に興味がある人

3分で分かる「オン・ザ・プラネット」のあらすじ

鳥取砂丘へ映画撮影へ向かう、ぼく(=よしひろ)、トリキ、スズキ、マーヤの四人のロードムービー・ノベル。僕たちは過去・今・未来や今生きる世界について語り合う。マーヤが浜辺で出会った女の子の話、トリキの弟が失踪した話、そしてぼくの父親が自殺したこと…。現実と虚構を超えて、見えたものとは…。

「オン・ザ・プラネット」のネタバレ解説

「オン・ザ・プラネット」は観念的な小説で、登場する4人の思考が張り巡らされていく話が中心になっています。それゆえ、これといった展開が少なく、主題が分かりにくいと思う方もいるでしょう。

そこでここからは「オン・ザ・プラネット」を読む上で、参考になりそうな解説をしていきます。とはいえ、あくまで筆者の感じた点を中心に書いているので、他にも違う読み方ができると思います。あくまで一つの考察として、参考程度に読んでみてください。

青春時代を生きる四人の「不確かさ」が魅力

四人が語るのは、過去・今・未来の時間的な概念や、世界についての空間的な概念など。「世界が終わったらどうなるのか?」など、いずれもこれといった答えがないものについてあれやこれや語り合います。

深い考察があったかと思えば、浅はかな意見もあり、それらがないまぜになっていきながら、最後まで進んでいきます。登場人物たちは映画を撮るという文化的な一面がありながら、途中の釣りのシーンは現実的。自分一人だけが釣れなかったなど日常的な会話や思考が出てくるなど、現実的言動と非現実的思考が合わさっている印象があります。

こういった「不確か」なものについて論じながらも、確かなものの輪郭をなぞるようにして進む四人の姿を描いているのです。青春時代を生きる者たちが、不確かなものを求めてさまよう姿にリアリティーがあります。

後半で出てくる島口は作家本人?

四人が大阪で泊まるシーンに登場してくる人物が島口です。島口は小説に出てくるぼく(=よしひろ)の高校時代の友人という設定となっています。四人は島口の家に泊まるので、結果的に島口も会話に参加してきます。しかも最後には島口が映画を見る語りになる場面が挿入されるという構造になっています。

果たしてこの島口という人物は、作家本人なのか?というのが気になるところだと思います。作家本人が小説内に出てくる作品は珍しくありません。村上龍のデビュー作「限りなく透明に近いブルー」も「リュウ」という人物が出てきますが、あとがきの内容も含めて本人だと捉えることができるものでした。

「オン・ザ・プラネット」の場合、小説内や後書きで言及されていませんが、本人だと捉えてもよいのかなと感じます。ただし、それは作者が明言しない限りは読者の想像に委ねるということなのでしょう。

「オン・ザ・プラネット」を読んでみた感想

ここからは「オン・ザ・プラネット」を読んだ上での個人的な感想を書きます。また記事執筆時が芥川賞発表直前ということで、受賞予想も併せて行います。

気鋭の若手作家の感性がうかがえる小説

島口大樹さんは群像新人文学賞受賞作の「鳥がぼくらは祈り、」が高く評価されて話題になっていたので、気になっていた作家さん。今作「オン・ザ・プラネット」で初めて彼の世界観に触れたのですが、たしかにほとばしる才能を感じられた小説でした。

個人的には、四人が立ち寄ったトリキの実家でのエピソードが好きでした。失踪した弟を廻り、意外とトリキが落ち着いて話しているところ。傍観者のようでいて、その実どうしてよいのか分からない無力感を抱かせるところなど、心情の書き方がうまいと感じました。

ただ個人的にどうも観念的な小説は苦手で、もう少し作品に動きがあれば、という感想も持ちました。動きがなくても風景描写などで、登場人物たちの心情を表現したものがあれば入り込めたかもしれません。

いずれにせよ、面白く読めました。デビュー作の「鳥がぼくらは祈り、」も今度読んでみようと思います。

「オン・ザ・プラネット」は芥川賞を受賞できる?予想してみた

「オン・ザ・プラネット」は芥川賞を受賞できるのか?他の候補作がどれも分かりやすい展開で物足りないと感じられた場合、この小説が差別化できていて一気に受賞作として上がってくる可能性はあります。ある意味で「芥川賞」らしい小説かもしれません。

しかし内容のわりに作品がやや長く、途中の肝心な「世界」について思弁し合うところあたりから失速していった印象があります。また選考委員の山田詠美さんあたりは、作中の一節を引用して「くどい」と一刀両断しそうな気もします。

今回は一作、選考委員にこのような小説があるとアピールできただけでよく、次回作以降で受賞を狙うというのがよいのではないでしょうか。

受賞予想:△(大穴)

「オン・ザ・プラネット」読者の感想やレビュー評価まとめ

構成が工夫されています。

まとめ:「オン・ザ・プラネット」は震災の記憶にまつわる肖像画のような小説だった!

いかがでしたか?「オン・ザ・プラネット」の特徴を以下にまとめました。

・群像新人文学賞二作目にして、芥川賞候補作に選出
・現実と非現実が入り混じった世界観がおもしろい
・映画好きにはぜひ読んで欲しい一作

以上です。実験的な要素が強いので、読み進めるに苦労するかもしれませんが、最初は深く考えずに四人の会話に自分も混じったような形で読むとよいと思います。ぜひ、彼の世界観に浸ってみてください。

読書が苦手な人でも本好きになれるサービスが大人気!30日間無料で試せる

のぶ
のぶ
気になる本がたくさんあるけど、何冊も買ってたらお金が足りない…
よしみ
よしみ
いつも本を持ち運ぶのが手間…
なお
なお
時間が空いたときに気軽に読書したい…

そんな方は、読書のサブスク「Kindle Unlimited」を活用しましょう!
Amazonが提供するサービス「Kindle Unlimited」ならいつでも気軽に読書できます。200万冊以上の小説、漫画、雑誌などを読み放題!
Kindleの無料アプリからお好きな本をダウンロードして、スマホ・タブレット・PCなど好きな端末でお楽しみいただけます。

のぶ
のぶ
毎月の本にかける出費が、1万円以上節約できました!
よしみ
よしみ
書籍を持ち歩かなくてよくなったので、荷物が軽くなりました。
なお
なお
バス待ちのスキマ時間で、気軽に読書できて嬉しいです。

魅力をまとめると…

・持ち運び不要で簡単!
・空き時間にさくっと読める!
・月額制だからお金がかからない!

月額980円のサービスでかなりお得なんですが、なんと今なら30日間無料で体験可能!無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません。これから読書を楽しもうという方はぜひお試ししてみてください。

↓↓30日間無料登録は以下のバナーをクリック!!↓↓

さらに読書が苦手な方におすすめしたいのは、もっと手軽に楽しめる聴く読書「Audible」

・活字が苦手な人でも聴く読書なら気軽に本を楽しめる
・移動中や作業中の「ながら読書」ができる
・プロのナレーターや声優が朗読しているから、聴きやすい
・オフラインで再生可能だから通信速度や接続状況が気にならない

のぶ
のぶ
文字を読むとすぐに眠くなるくらい読書が苦手だったんですが、Audibleをきっかけに本を楽しめるようになりました。
よしみ
よしみ
育児や家事をしながら読書でき、気分転換になります。効率的に読書できるので、得した気分です。
なお
なお
通勤の移動中に聞いてます。毎日往復1時間以上かけているので、その間に気軽に読書体験できるのは嬉しいです。

Audibleは月額1500円のサービスですが、こちらも30日間無料で体験できるキャンペーンを実施中!この機会に早速お試ししてみましょう!

↓↓30日間無料登録は以下のバナーをクリック!!↓↓

スポンサーリンク
さとなりをフォローする
さとなり

コメント

  1. […] ⇒島口大樹「オン・ザ・プラネット」の詳しいあらすじや解説を読んでみる […]

タイトルとURLをコピーしました