リーガルハイの名言7選|常識外れの一言がこれからの未来には必要だ

テレビ

ドラマ「リーガルハイ」には名言がたくさん生まれていることに、皆さんはもうお気づきでしたか?堺雅人さん演じる弁護士・古美門研介の発言は皮肉たっぷりのデタラメな物も多いですが、常識外れな考えを持つ彼だからこそ生まれた金言があるのです。こういった考えがこれからの混迷の時代を生き抜く上で必要になってくるのでしょう。

今回はそんな名言がドラマ内のどんな場面で生まれたかを振り返りつつ、生きる上でどうヒントになるかについて解説します。

スポンサーリンク

今や伝説になっている、ドラマ「リーガルハイ」とは

「リーガルハイ」は堺雅人さん主演の法廷ドラマ。堺雅人さんが演じる古美門研介は、裁判に勝つためならどんな方法でもとる敏腕弁護士。そこへ真面目な弁護士・黛真知子(演:新垣結衣)がやってきて二人の凸凹コンビが法廷で暴れ回る、爆笑必至のコメディドラマでした。

2012年に第1シリーズが放送され、2013年には続編となる第2シリーズが放送。10年近く経った今でも、根強いファンが多いドラマとなっています。

堺雅人演じる弁護士・古美門研介の発言には隠れた名言の数々が!

堺雅人さんが演じる古美門研介は、裁判で勝って多額の報酬を得るのを信条としているひねくれ弁護士。世間を斜めに見ており、口を開けば皮肉たっぷりの言葉が溢れ出てきます。

コメディ要素が強く、人を馬鹿にしたような発言が多い古美門。普段の物言いからはおよそ名言など出てきそうにありませんが、普段から常識を疑う彼だからこそ気づける鋭い発言があります。そこにはこれからを生き抜く上でのヒントとなるような名言も出ています。

①いじめの正体とは、空気です

「リーガル・ハイ スペシャル」放送回より。学校のいじめが問題になった際に、黛が「いじめを無くしたい」と発言。そこで古美門は「いじめの正体とは何か?」「立ち向かうべき相手は誰なのか?」と論じます。

その上で出した結論は、「いじめの正体は空気」であること。自分の意見を言えずに周囲に流されてしまうからこそ、いじめという構造が生まれてしまうと古美門は述べます。確固とした意見を持ち主張することが、いじめを無くす第一歩になるのかもしれません。

②誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない。深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない。戦うということはそういうことだ。

「リーガル・ハイ」で絹美村の公害問題を扱った放送回より。地域開発により村が変わっていく中、村に対する補償に享受して満足してしまう村人たちに対し、古美門は警鐘を鳴らします。

この言葉は裁判やデモクラシーを起こすときに、自分を奮い立たせるための勇気になる言葉です。なお、この言葉は古美門が発した約6分間にわたるスピーチの一部を抜き取ったもの。長ゼリフをまくしたてる圧巻のシーンで、俳優・堺雅人の実力が分かる伝説の場面となっています。

③金が全てではない?金なんですよ。

こちらも先ほどの、絹美村の長ゼリフシーンの一節です。「リーガル・ハイ」では一般常識では良いとされている風潮に、疑問を投げかける姿勢が見てとれます。その象徴的なセリフがこちらの「金が全てではない」というフレーズです。

「金を稼ぐこと=汚い」と、どこか思われている節がありますが、お金がないと人助けすらできませんよね。子ども教育にも、親の介護にも、ボランティア活動にも、お金は必要になります。まぁ古美門は私利私欲のためにお金を使う傾向があるので説得力は低いですが、人のためにお金を使いたいと思える人になら金言になるはずです。

④科学は死に意味があるんです。死こそ希望です。

「リーガルハイスペシャル」回より。医療ミスにより最愛の人を失った者が起こした裁判で、生まれた名言です。古美門は「医は科学である」と述べた上で、科学の発展には失敗が付き物だということ、すなわち現代の医療は多くの死があったからこそ発展してきたと結論づけます。

「死こそ希望」という言葉にはドキッとさせられますが、最愛の人が死にそこからなかなか立ち直れない者にとっては前向きにさせてくれるフレーズでしょう。

⑤今ある命を慈しむことです。一日一日が奇跡なのだと知ることです。

こちらも「リーガルハイスペシャル」回より。先程の発言の続きで、この名言が飛び出しました。誰かが亡くなった際は、命の尊さを感じます。その人たちが生きられなかったこれからの未来を、大切に過ごしていきたいですね。

身近な人の死は誰にでも訪れます。その際にはこの言葉をぜひ思い出してください。

⑥才能とは、自分で必死になって掘り起こすものだ。そして、努力に努力を重ねて、一段、一段登っていくものだ。

こちらは古美門の言葉ではなく、アニメ界の巨匠として登場した人物・(演じたのは伊東四朗)が語った言葉です。世間からは天才だともてはやされる中で、自分自身も天才だと思ったことはないとした上で、努力して才能を磨くことが重要だと述べます。

その人の表面的な部分だけを見るのは違いますよね。大きな結果を出している人ほど、並外れた努力をしているはずです。

⑦本当の悪魔とは、巨大に膨れあがったときの民意だよ。

これは最初の①で紹介したいじめの正体についてのフレーズと共通する部分があります。自分の意見を持たずに、流されるだけの人物に警鐘を鳴らす言葉です。「リーガルハイ」第2期の終盤クライマックスシーンで古美門が発言しました。

コロナ禍での人々の振る舞いにも似たようなところを感じた人は少なからずいたでしょう。混迷の時代にこそ、自分のしっかりした意見を持つべきです。

まとめ:ピンチの時には古美門研介の言葉を思い出そう

いかがでしたか?今回紹介した言葉は、いずれも追い詰められた側の人間が発した、もしくはそういう人たちに向けた言葉です。ピンチの時に古美門研介の言葉を思い出せば、きっと勇気が出て前向きに生きるヒントになることでしょう。

自信をなくしそうな時ほど、古美門研介のように自分をしっかり持ち、逞しく生きようと思いましょう!

読書が苦手な人でも本好きになれるサービスが大人気!30日間無料で試せる

のぶ
のぶ
気になる本がたくさんあるけど、何冊も買ってたらお金が足りない…
よしみ
よしみ
いつも本を持ち運ぶのが手間…
なお
なお
時間が空いたときに気軽に読書したい…

そんな方は、読書のサブスク「Kindle Unlimited」を活用しましょう!
Amazonが提供するサービス「Kindle Unlimited」ならいつでも気軽に読書できます。200万冊以上の小説、漫画、雑誌などを読み放題!
Kindleの無料アプリからお好きな本をダウンロードして、スマホ・タブレット・PCなど好きな端末でお楽しみいただけます。

のぶ
のぶ
毎月の本にかける出費が、1万円以上節約できました!
よしみ
よしみ
書籍を持ち歩かなくてよくなったので、荷物が軽くなりました。
なお
なお
バス待ちのスキマ時間で、気軽に読書できて嬉しいです。

魅力をまとめると…

・持ち運び不要で簡単!
・空き時間にさくっと読める!
・月額制だからお金がかからない!

月額980円のサービスでかなりお得なんですが、なんと今なら30日間無料で体験可能!無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません。これから読書を楽しもうという方はぜひお試ししてみてください。

↓↓30日間無料登録は以下のバナーをクリック!!↓↓

さらに読書が苦手な方におすすめしたいのは、もっと手軽に楽しめる聴く読書「Audible」

・活字が苦手な人でも聴く読書なら気軽に本を楽しめる
・移動中や作業中の「ながら読書」ができる
・プロのナレーターや声優が朗読しているから、聴きやすい
・オフラインで再生可能だから通信速度や接続状況が気にならない

のぶ
のぶ
文字を読むとすぐに眠くなるくらい読書が苦手だったんですが、Audibleをきっかけに本を楽しめるようになりました。
よしみ
よしみ
育児や家事をしながら読書でき、気分転換になります。効率的に読書できるので、得した気分です。
なお
なお
通勤の移動中に聞いてます。毎日往復1時間以上かけているので、その間に気軽に読書体験できるのは嬉しいです。

Audibleは月額1500円のサービスですが、こちらも30日間無料で体験できるキャンペーンを実施中!この機会に早速お試ししてみましょう!

↓↓30日間無料登録は以下のバナーをクリック!!↓↓

テレビ
スポンサーリンク
さとなりをフォローする
さとなり

コメント

タイトルとURLをコピーしました