さとなり

スポンサーリンク

青山美智子『お探し物は図書室まで』のあらすじ・感想・ネタバレ解説まとめ【2021年本屋大賞候補作】

帯の「お探し物は、本ですか?人生ですか?」というフレーズが印象的な小説『お探し物は図書室まで』。<strong>人生で悩んだ時に読んでもらいたいおすすめ小説</strong>です。今回はそんな『お探し物は図書室まで』のあらすじをご紹介。ネタバレが気になる方は途中読み飛ばしてください。読みどころや感想などもまとめました。

伊吹有喜『犬がいた季節』のあらすじ・感想・ネタバレ解説まとめ【2021年本屋大賞候補作】

今回は伊吹有喜さんの『犬がいた季節』を特集します。<strong>高校生と犬との交わり</strong>を丁寧な筆致で描いたハートフルな小説。作者のルーツとなった実在する高校や犬がモデルになっています。小説のあらすじや感想、ネタバレ解説をまとめました。読みどころも詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

加藤シゲアキ『オルタネート』のあらすじ・感想・ネタバレ解説まとめ【2021年本屋大賞候補作】

NEWSの加藤シゲアキさんが書いた小説『オルタネート』が話題になっています。直木賞や本屋大賞の候補になり、吉川英治文学新人賞を受賞。<strong>アイドルという枠を超えて実力を評価</strong>されるきっかけとなった、この作品のあらすじや読みどころや感想などを紹介します。架空の高校生限定アプリ「オルタネート」をモチーフとした、青春ストーリー。しかしただの胸キュン作品だと侮ってはいけません!魅力を徹底解剖していきましょう。

伊坂幸太郎『逆ソクラテス』のあらすじ・感想・ネタバレ解説まとめ【2021年本屋大賞候補作】

先入観で決めつける者たちへの復讐劇!今から人生の大逆転を考えたい、人たちにとってはぴったりな名言連発の短編集がここにあります。今回は伊坂幸太郎さんの小説『逆ソクラテス』に注目。あらすじや感想をまとめる他、伏線がどう回収されるかのネタバレ解説や、読みどころについて詳しく考察した内容も載せます。ぜひ最後まで読んでみてください。

町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」のあらすじ・感想まとめ【2021年本屋大賞受賞作】

2021年の本屋大賞に見事輝いた小説「52ヘルツのクジラたち」(町田そのこ著)。児童虐待という重いテーマを扱った作品で、読むのに覚悟がいるのでは?と感じている方も多いでしょう。そこで今回はこの小説の簡単なあらすじや読みどころ、皆さんの感想をまとめました。本人のインタビューを交えながら紹介しますね。気になった方はぜひ読んでみてください!
雑学

スプリントシャウト勝率130%のチャンピオンが教えるおすすめ攻略法7選

今回は筆者がハマっているゲームアプリ「スプリントシャウト」をご紹介。虫食い状態になったワードをいかに早く思いつくか、という語彙力とひらめき力を競うアプリです。プレイしていく内に極めた私(戦績:「チャンピオン」ランク/勝率:130%越え)が、早くワードを思いつくコツと攻略法を解説します。PC非対応でスマホ(iPhone,Android)のみ対応のアプリです。気になった方はぜひ遊んでみてくださいー。

木崎みつ子「コンジュジ」のあらすじ・感想まとめ【第164回芥川賞候補作】

今回は、<strong>新人賞受賞作にして芥川賞の候補</strong>にもなった木崎みつ子さんの「コンジュジ」に注目。すばる文学賞において川上未映子さんが「ラストシーンに感動した」という本作のあらすじや魅力を解説します。第164回芥川賞の受賞予想や、読者の口コミも併せてご紹介。最後まで読んでみてください。

乗代雄介「旅する練習」のあらすじ・感想まとめ【第164回芥川賞候補作】

今回は第164回芥川賞候補作となった、乗代雄介さんの「旅する練習」を特集します。純文学が苦手だというのぶ君も、途中までは読んでみたという1作。それだともったいないので、最後まで読みたくなるあらすじや読みどころ紹介をしますね。また、芥川賞の受賞予想も併せて行っています。ぜひ最後まで読んでみてください。

砂川文次「小隊」のあらすじ・感想まとめ【第164回芥川賞候補作】

現実に戦争が起こったら?そんなことを想像させられる、「現代の戦争小説」を読んでみたくありませんか?今回は砂川文次さんの小説「小隊」を特集します。元自衛官の作家ならではのリアルな描写が読みどころですが、他にも意外な読み方ができる作品になっているんです!あらすじや感想、さらには芥川賞の受賞予想もまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。

宇佐見りん「推し、燃ゆ(おしもゆ)」のあらすじ・感想まとめ【第164回芥川賞受賞作・2021年本屋大賞候補作】

オタクが市民権を得るための小説がここに誕生!?今回は、宇佐見りんさんのデビュー2作目となる小説「推し、燃ゆ」を特集します。推しが炎上した一件を受け、ファンである主人公の生活は大きく変わる、という作品。あらすじや見どころ、読者の感想をまとめました。また、本作は第164回芥川賞の候補にも選ばれています。受賞発表前に、受賞するかどうかの予想も含めて書いていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました