さとなり

スポンサーリンク

綿矢りさの小説おすすめランキングTOP10|簡単なあらすじ・解説付き

最近はこじらせ系女子の書き手としての地位を確立した作家・綿矢りささん。多くの小説が映画化され、映画で見たから原作が気になってる方もいるでしょう。ただ芥川賞史上最年少受賞の肩書を持つことから「読んでみたいけど難しい小説なのかも」と思われることも。そこで今回は綿矢りささんの小説をおすすめ作品順にランキング形式でご紹介。それぞれ簡単なあらすじやおすすめポイントの解説も踏まえて紹介するので、ぜひあなたのお気に入りの小説を見つけてください。

原田マハ『リボルバー』のあらすじ・ラストのネタバレ解説・感想まとめ

原田マハの真骨頂でもある、アート史を基にしたミステリの傑作が登場!アート史上最大の謎とされる「ゴッホの死」をテーマにした小説『リボルバー』を特集します。簡単なあらすじや感想をご紹介。ネタバレ含むラストシーンも解説していますが、まだ読んでない方は出来るだけその部分は読み飛ばしてくださいね!

3分で分かる『蹴りたい背中』のあらすじ&ネタバレ解説まとめ

芥川賞を史上最年少で受賞した綿矢りささん。当時現役大学生で弱冠19歳での受賞は、社会的なニュースになりました。今回はその時の受賞作『蹴りたい背中』を特集します。3分で分かる簡単なあらすじとネタバレ解説、芥川賞での選考委員からの評価、SNSに寄せられた感想などをまとめました。

おすすめの純文学16選|簡単なあらすじ・解説付きで読みやすい小説を厳選

純文学の作品を読んでみたいけど、「難解そう」「とっつきにくそう」などのイメージが先行し、どれから読んでみたらいいか迷いますよね。そこで今回はおすすめの純文学16作品をピックアップ!どんな人におすすめか述べた上で、各小説の簡単なあらすじや解説付きでご紹介します。きっとあなたが好きになる小説と出会えますよ!

純文学とは?大衆文学との違い・代表的な作家・おすすめ小説を解説

芥川賞の話題や近代文学を習う上でよく聞く、「純文学」というジャンル。しかしこの「純文学」を一言で説明してと言われると、難しいですよね。そこで今回は純文学の明確な定義や、大衆文学やエンタメとの違いを明らかにしていきます。また「難しい」や「読みにくい」とイメージされがちな純文学を楽しむ方法や、代表的な作家、そしておすすめ作品も紹介します。
テレビ

「大豆田とわ子と三人の元夫」のナレーションは伊藤沙莉!実は伏線が仕掛けられている?

「大豆田とわ子と三人の元夫」を見ていると、ナレーションの存在が気になりますよね?普通のドラマと違って、物語の進行を支えるだけでなく、登場人物たちの行動にツッコミを入れたり、フレーズ自体に工夫があったりと、面白い仕掛けが施されています。しかもナレーション自体が何かしらの伏線になっているという噂も…!さらにナレーションの声の主にも注目。女優の伊藤沙莉さんが務めていますが、彼女のプロフィールや評判、おすすめ作品なども併せて紹介します。
テレビ

「大豆田とわ子と三人の元夫」から生まれた名言8選|エスプリの効いたセリフから抜粋

登場人物たちの放つ独特のセリフの言い回しが注目されている、ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」。離婚を経験したとわ子、及び三人の元夫がそれぞれどのようにして幸せを見つけていくのか?というストーリー。その中には現代社会における私たちが、今を生きる上でヒントになる名言が隠れています。そこで今回は「大豆田とわ子と三人の元夫」における、名言をまとめてみました。どんなシーンで生まれたセリフか、セリフの意味を深掘りし、また視聴者の方々がどんな感想を抱いたのかも含めて紹介していきます。

2021年本屋大賞を大予想!全候補作を読んだ5人の白熱座談会

2021年の本屋大賞の候補作10作品が発表されました。今回はこの候補作の中からどれが本屋大賞を受賞するか、大予想!全候補作を読んだ5人の方に集まっていただき、座談会を行ってもらいました。各候補作のあらすじを紹介した後に、一通り感想を話し合ってもらい、その後に大賞受賞作品を予想しています。発表は4月14日。果たして予想は当たるのでしょうか?

伊与原新『八月の銀の雪』のあらすじ・感想・ネタバレ解説まとめ【2021年本屋大賞候補作】

科学と小説の見事な融合!タイトルが不思議な『八月の銀の雪』は<strong>科学の専門知識を小説にうまく取り入れた名作</strong>なんです。理系出身の伊与原新さんならではの魅力に溢れています。今回はそんな『八月の銀の雪』のあらすじをご紹介。詳しく知りたい方に向けてのネタバレ解説もいたします。また読者の感想もまとめましたので、最後までぜひチェックしてみてください。

青山美智子『お探し物は図書室まで』のあらすじ・感想・ネタバレ解説まとめ【2021年本屋大賞候補作】

帯の「お探し物は、本ですか?人生ですか?」というフレーズが印象的な小説『お探し物は図書室まで』。<strong>人生で悩んだ時に読んでもらいたいおすすめ小説</strong>です。今回はそんな『お探し物は図書室まで』のあらすじをご紹介。ネタバレが気になる方は途中読み飛ばしてください。読みどころや感想などもまとめました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました